ユーザ用ツール

サイト用ツール


stairwaytotheg:2019-08-21

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
stairwaytotheg:2019-08-21 [2019/09/17 13:04]
paya
stairwaytotheg:2019-08-21 [2019/09/17 13:20] (現在)
paya [ありがちな狂い方]
ライン 8: ライン 8:
 {{:​stairwaytotheg:​af40ef58-1aae-4fa8-9d17-8bf9cfed6e5a.jpeg?​400|}} {{:​stairwaytotheg:​af40ef58-1aae-4fa8-9d17-8bf9cfed6e5a.jpeg?​400|}}
 ===== ありがちな狂い方 ===== ===== ありがちな狂い方 =====
-経験の少ない段階の人によく見られる形の狂い方で「顔の向こう側が開く」というのがある。鼻より向こう側に見える、面積の狭い顔について、実際に視覚的に見えている面積より、描く面積が広くなってしまう。その結果、頭のゴロンとした立体感を欠いてしまって平面的になる。人間は対象の表情について、視覚情報以上の洞察を本能的に行うらしいため、見えていないものまで認識している。このため、見えていないのに見えていると誤認識してしまい、その部分を実際の視覚よりも大きな存在として描いてしまう。+{{:​stairwaytotheg:​diff190821.jpg?​nolink&​200 }}経験の少ない段階の人によく見られる形の狂い方で「顔の向こう側が開く」というのがある。鼻より向こう側に見える、面積の狭い顔について、実際に視覚的に見えている面積より、描く面積が広くなってしまう。その結果、頭のゴロンとした立体感を欠いてしまって平面的になる。人間は対象の表情について、視覚情報以上の洞察を本能的に行うらしいため、見えていないものまで認識している。このため、見えていないのに見えていると誤認識してしまい、その部分を実際の視覚よりも大きな存在として描いてしまう。
stairwaytotheg/2019-08-21.txt · 最終更新: 2019/09/17 13:20 by paya